日本の医学社
『いやしの道 第十八号』
著者:いやしの道協会機関誌
出版社:日本の医学社
発行日:2018年3月
型:B5版355頁

特価:3500円(税込)(※送料500円)
   いやしの道協会会員価格 3000円(税込)
購入申込:(日本の医学社):koki@nihonnoigakusha.com
             ※ご注文に際して(必ずお読み下さい)

 解説
目次(一部)
【巻頭言】 「平常心」について            朽名宗観 
入江流および江戸初期鍼灸諸流派の鍼法について(一)  大浦慈観 
達人への道                      安田無観 
通身貫徹ということ                  安田無観 
「禅帯」が教えてくれるもの              山野鵬観 
骨盤周り(腰椎、仙腸関節、股関節)と大腰筋      山野鵬観 
鍼灸臨床のための腹診(十一)〜(十二)        堀 雅観 
私の手の内                      堀 雅観
スタンド・バイ・ミー                 朽名宗観 

【観風録】 
「鍼灸師のための『傷寒論』を学ぶ会」の講義を終えて  横田観風 
鍼禅の世界あれこれ(三)―臨床篇―          横田観風 
横田観風先生の治療の記録               監修:横田観風
記録者:石水露観 乙重潭観 村田底観 
鍼禅の世界あれこれ(四)うつ病について        横田観風 

【古典解読】
端座当流針書                     和訓・大浦慈観
端座流易極病穴之抜書                 和訓・大浦慈観
『雖知苦庵養生物語』を読む              村田底観 

『傷寒雑病論』を鍼灸治療に生かす           海野流観
愛着障害が関連すると思われる難症           海野流観
「こころ」のとらえ方、診察と治療           石部愚観
「爽やかな風」を目指して               原田修観
からだとは・病とは(二〇一七年)           鈴木斉観
私の生老病死(九)                  鈴木斉観
扁鵲伝より「垣根の一方に人を視見す」について     河原燈観 
標幽賦 意訳(一)                  河原燈観
鍼灸失伝論 『医学源流論』より            河原燈観 
痔のお灸                       養母忠観 


〈合宿・座談会〉 うつ病を語る
司会 朽名宗観
座談 福嶋青観 石部愚観 乙重潭観
   三輪圓観 大浦慈観

【いやしの道を志す】
・鍼灸を志した私の履歴書               海保昭一  
・何かの力で導かれ治療家めざして歩む道        松崎敏江  

【月例会・症例検討会報告(二〇一七年一月〜一二月)】
治療方針を変更したことにより治療効果が見られた症例  中川由紀
頭部のしびれ感、顔面部の違和感、耳鳴りなどの諸症状  坂井敏惠 
右顔面けいれんの鍼灸治療               牛尾宣子 
月経不順の一例                    池内毘観 
乳幼児のアトピー性皮膚炎               福嶋青観 
急性肩関節痛など                   石井道観 
喘息と体質改善の治療                 伊籐里香 
是動すると出現する極度の慢性疲労           乙重潭観 
帯状疱疹(三叉神経第一枝)による視力低下        木村克彦 
初めての本格的な咳の治療               森 勝  
坐位・前屈での刺鍼が奏功した足の痛み・痺れについて  中川由紀 

【錬成会・症例&研究発表報告(二〇一七年一月〜一二月)】
吐き気を訴えた患者に不整脈がみられた例        藤田峰観 
停留精巣(疑い)の小児の治療             前之園空観 
腰痛を湯液で                     倉田慧観
潰瘍性大腸炎患者の体外受精の経過           堀 雅観
固形物が食べられない患者               高橋妙観




 koki@nihonnoigakusha.comまでメールをお願いいたします。
 ※ご注文に際して(必ずお読み下さい)


 販売書籍一覧 /   出版情報(他社) /  購入・お問い合わせ /  日本の医学社とは
 表紙 /  ↑この頁の先頭へ