日本の医学社

 日本の医学社 販売書籍一覧
 四部録 /  訓注・尾台榕堂全集 /  DVD /  その他 /  いやしの道(機関誌) 


 四部録

万病一風論の提唱(増補版)
著者:横田観風

万病唯一風の体験悟得を、毒とは何か邪気とは何か、本来の生命と寒熱について、種々の万病一元論についての考察、病気のメカニズム、心身相関のメカニズム、万病一風論による治療・・・(→続きを読む/詳細

新版・鍼道発秘講義
著者:横田観風

第十一代将軍・徳川家斉の侍医であった葦原検校が著わした『鍼道発秘』を、横田観風が万病一風の立場から臨床における鍼術の極意を・・・(→続きを読む/詳細

増補 傷寒論真髄
著者:横田観風

湯液の聖典『傷寒論』を万病一風の立場から解説したものである。その特徴は、日本古方漢方の祖、吉益東洞が提唱した万病一毒の立場から、薬方を検討し、現在只今の病的状態を ・・・(→続きを読む/詳細

経絡流注講義
著者:横田観風

臓腑経絡説の原点である『霊枢』経脈篇を万病一風の立場から解説。『発揮』の流注図と『霊枢』の本文を対比させ、経絡現象の体験悟得から ・・・(→続きを読む/詳細


 訓注・尾台榕堂全集

『訓注 尾台榕堂全集』全四巻
著者:横田観風

江戸期末を代表する古方漢方の大家であり、現代日本漢方の礎を築いた尾台榕堂の著書を網羅し、和訓と語注を加えた漢方界待望の初の全集がついに発刊!・・・(→続きを読む/詳細


 DVD

DVD 『日本的ないやしの道の鍼 初伝・入門篇』
監修・出演:横田観風

創始者・横田観風が「いやしの道の鍼」の診察と治療の稽古をするために制定した「基本の型」を自ら演じ、解説する・・・(→続きを読む/詳細


 その他


聞き書き 臨床から窺い見る奥伝あれこれ
著者:横田観風

『四部録』『鍼灸による日本的ないやしの道入門篇』は、いやしの道・修行階梯の中伝まで、すなわちいやしに道協会の正教授(指導者)になるまでの重要な指針とはなるが、さらに先の奥伝はそれでは不充分ということで・・・(→続きを読む/詳細


 いやしの道(機関誌)

いやしの道 第十七号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

【巻頭言】「いること」こそがすばらしい 朽名宗観 《関西支部新体制発足にあたって》村田底観 他 / 日本における鍼と道具に関する考察 大浦慈観 / 「毒」と「邪気」を目標とした腹診と鍼灸治療 大浦慈観 / 西と東から患者を治療する 〜強い腰痛の一例〜 高木真観・三輪圓観 / 続・東西医道の交流 石井道観 / 鍼灸臨床のための腹診(二)〜(十) 堀 雅観  / 短時間で最大効果をだすための工夫 堀 雅観  / からだに触れる からだで触れる(二) 朽名宗観/鍼灸師のため『傷寒論』を学ぶ会・講義録(三)横田観風・・・(→続きを読む/詳細

いやしの道 第十六号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

【巻頭言】/  ・隠居の辞  横田観風 / ・改革二年目を迎えて  朽名宗観 / / トリガーポイントと関連痛  高木真観 / 東西医道の交流  石井道観 / 万病一風的治療に活かす西洋医学(一)(二) 堀 雅観 / 形と勢い 山野鵬観 / 井穴の刺絡  海野流観 / 仕えるという事  三輪圓観 / 災害鍼灸マッサージプロジェクト 〜関東・東北豪雨災害支援活動報告〜 三輪圓観 / 空間の手触り、肌触り 朽名宗観 / ・・・(→続きを読む/詳細

いやしの道 第十五号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

巻頭言 ・あらた(朽名宗観 )/ ・大きな流れの中にたゆたう… 石部愚観)/ ・副会長就任ご挨拶(前之園空観)/ ・副会長就任ご挨拶(三輪圓観)/ ・副会長就任ご挨拶(堀 雅観)/ / 江戸前期の鍼灸諸流派における穴名の変遷過程に関する研究(大浦慈観)/      江戸前期の鍼灸諸流派における病名の変遷過程に関する研究(大浦慈観)/ 瞑眩についての覚書( 安田無観)/ 鍼の道と弓の道(安田無観)/ 鍼灸臨床のための腹診(一) 〜上衝(堀 雅観)/ 臨床検討会資料作成の手引き(堀 雅観)/ 四部録をリハビリに生かす(二)「腰痛(山野鵬観)/ からだに触れる からだで触れる(朽名宗観)/ ・・・(→続きを読む/詳細

いやしの道 第十四号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

巻頭言 (朽名宗観)/杉山流の治療理論と手技(大浦慈観)/霊蘭集・金創篇(大浦慈観)/姿勢の乱れに起因するいろいろな症状について(高木真観)/「へいほう」と鍼(安田無観)/「瘧状の如し」とマイコプラズマ肺炎(海野流観)/病気の時こそチャンス(海野流観)・・・(→続きを読む/詳細

いやしの道 第十三号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

巻頭言 物が来る(朽名宗観)/いやしの道協会附属古医道研究所所長退任・新任の辞 退任の御挨拶(横田観風) 新任にあたって(大浦慈観)/訓解『杉山真伝流 龍虎・奥之巻』(大浦慈観)/「いのちを育む」とはどういうことか(医師 高木真観)/候背診(安田無観)・・・(→続きを読む/詳細

いやしの道 第十二号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

巻頭言 新たな時代の創成に向けて(大浦慈観)/会長就任の御挨拶(朽名宗観)/名誉会長就任の御挨拶(横田観風)/明治期における鍼灸界の動向 (大浦慈観)/頭頚および胸郭部のリンパ系 (高木真観)/鍼の技術について (安田無観)・・・(→続きを読む/詳細

いやしの道 第十一号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

巻頭言 (大浦慈観)/江戸期における「日本鍼灸」の特徴 (大浦慈観)/医事或問問答(四) (高木真観)/「黄帝内経」の中の刺絡治療 (安田無観)/張従正の刺絡治療について (安田無観)/郭志譲著『痧脹玉衡書』を読む (安田無観)・・・(→続きを読む/詳細

いやしの道 第十号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

巻頭言(大浦慈観)/『杉山流三部書』と『杉山真伝流』の形成に影響を与えた諸要素(一)(大浦慈観)/一風万病あれこれ(横田観風)/「深いツボ」について(安田無観)/問診力(海野流観)/置鍼考(石部愚観)/傷寒金匱薬方問答(五)(医師・高木真観×横田観風)・・・(→続きを読む/詳細

いやしの道 第九号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

巻頭言(大浦慈観)/江戸期における《日本鍼灸》の特徴(大浦慈観)/初伝あれこれ(横田観風)/所生病と是動病(安田無観)/古方漢方の伝統に学ぶ会・講義録/傷寒金匱薬方問答(高木真観×横田観風)/医事或問問答(高木真観×横田観風)/薬方による治験例(高木真観)/東鍼祭講演録/鍼の宝箱を開ける(横田観風)・・・ (→続きを読む/詳細

いやしの道 第八号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

〈巻頭言〉会長退任の御挨拶(横田観風)/会長就任の御挨拶(大浦慈観)/鍼灸師も『傷寒論』を読もう(横田観風)/明治から昭和初期に至る鍼灸教育の流れと「杉山真伝流」(大浦慈観)/馬場美静本『杉山真伝流』の三十二症例(大浦慈観)/古方漢方の伝統に学ぶ会・講義録(横田観風)/傷寒金匱薬方問答(三)(医師・高木真観×横田観風)一)大陥胸丸・・・(→続きを読む/詳細


いやしの道 第七号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

〈巻頭言〉榕堂の漢詩一首(横田観風)/古方漢方の伝統に学ぶ会・講義録(横田観風)/《『新版 鍼道発秘講義』発刊記念・講演会》/・東京講演/見えない風を観る(横田観風)/・関西講演/道としての鍼(横田観風)/江戸時代の鍼灸、流派について(大浦慈観)/傷寒金匱薬方問答(高木真観) 一厚朴生姜半夏甘草人参湯・・・(→続きを読む/詳細

いやしの道 第六号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

巻頭言(大浦慈観)/古方漢方の伝統に学ぶ会・講義録(横田観風)/『菜根潭』講義録(横田観風)/聞き書き/束脩あれこれ(横田観風)/インタビュー/人生の基本構造をリセットする(藤田一照)・・・(→続きを読む/詳細

いやしの道 第五号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

巻頭言−横田観風/古方漢方の伝統に学ぶ会・講義録−横田観風/〈鍼灸医学史研究会・講演録〉/瀬丘長圭の腹診書「診極図説」について−横田観風/江戸後期から昭和前期にかけての杉山流・杉山真伝流−大浦慈観/「菜根譚」講義録−横田観風/〈特集・初学者へのアドバイス〉 ・・・(→続きを読む/詳細

いやしの道 第四号
いやしの道協会機関誌(日本の医学社)

【巻頭言】記念パーティを省みて 横田観風/古方漢方の伝統に学ぶ会・講義録 横田観風/【特集 観風堂三十周年を記念して】/◆観風堂三十周年祝賀会・同窓会報告(船坂秀樹、吉田美恵子、編集部)/幹事挨拶 原田修観/人生の宝 奥平明観/見えない世界をたたき込まれて 入野靖子 ・・・(→続きを読む/詳細


 書籍のご注文について
 購入・お問い合わせページからご注文いただくか
 koki@nihonnoigakusha.comまでメールをお願いいたします。
 ※ご注文に際して(必ずお読み下さい)


 販売書籍一覧 /   出版情報(他社) /  購入・お問い合わせ /  日本の医学社とは
 表紙 /  ↑この頁の先頭へ